歯科医師様の声/富丘歯科医院 院長 佐竹将玄先生

クリニックの開業はいつですか?

純粋な新規開業ではありませんが、私が二代目としてリニューアル後、現在の富丘歯科医院としてスタートしたのは2016年8月2日です。父から富丘歯科医院を引き継いで立て替えを行いましたのが、元々父がここで富丘歯科医院を開業してからはもう30年になります。

 

歯科医師になられた当初からご実家を承継しようと思っていたのですか?

「自分が歯科医師になる事自体が難しいのかな?」とずっと思っていましたので、「歯科医師になれるかもしれない、歯科医師になろう!」と本当に決めたのは高校3年生の時でした。

大学を卒業し、勤務医として勤めながら仕事を覚え、ある医療法人で分院長も任せていただきました。そこは結構患者さんも多い歯科医院でしたので、仕事はやり甲斐がありました。分院長をしていた頃にその歯科医院を買い取るお話しを理事長からいただいきました。

お話ししたとおり結構患者さんも多く来ていただいていたのでその分院を買い取って継続してやっていこうかなと思っていましたが、ここ(実家)に戻って富丘歯科医院を承継することも当然頭にはありましたので、実は2~3年悩んでいた時期がありました。

そうこうしているうちに、父が体調の問題から思ったように診療が出来なくなってしまいました。あの時はどうするか結構悩んだのですが、決め手というか自分の気持ちとして小さい頃から見てきた「富丘歯科医院」が閉院してしまうのはさすがに寂しかったんですよね。結局ここに戻ってくることに決めました。

 

戻られることを決めた時に、どのような歯科医院にしていこうと思われましたか?

やはり生まれ育った地元ですから、この地域に貢献したいと思っていました。父の時代からずっと長く通っていただいていた患者さんがおられて、ご高齢から通院自体が難しくなっているケースもありましたので、在宅で治療してさしあげる態勢も整えたいと思いました。

逆にこの場所は、国道から一本内側の通りとはいえ市民病院もすぐ近くですし、近隣には、小学校、中学校、高校もある住宅地内であり立地としては悪くないので、このエリアではまだまだ少なかった本格的なインプラント治療にも対応したいし、一般開業医の範囲で行なうことができる部分なら自院で外科的処置はきちんと行いたいと思いました。

その為に必要な設備は揃えなければならないと考えていたので、初めからCTも導入しオペ室も造りました。 結果的に初期投資で結構お金も掛かってしまいました。当然多くは借入れに頼ることとなりますので、正直なところ「ちゃんと借金を返していけるのかな」と漠然とした不安はありました。開業してみると、実際には自分で思っていたより多くの患者さんに来ていただくことができました。

もう何年も会っていなかった友人達も、私が開業してからは来院してくれています患者さんの内容としては、比較的はっきりと午前中はご高齢の方が多く、午後学校が終わるとお子様達、夜は会社員や近くの自衛隊の方にも来ていただいています。そう考えてみると患者さんの内容からも、思っていた通り「家庭医的な立場で地元に受け入れていただけたのかな」とは思いますし、その前提として長い間ずっと地域に根付いて富丘歯科医院を守ってくれた父には感謝しています。


 

ジャパンデンタルを知ったきっかけは?

私がというよりも、ジャパンデンタルさんとは30年前に父が新規開業する時からお付き合いさせていただいています。ですから今回初めてジャパンデンタルさんを知ったという訳ではありませんし、リニューアル計画段階で父を通じて当然のように相談させてもらいました。

借入に対する不安については、非常に長期的な返済計画を含めた事業計画を作成していただき、「これなら何とかやっていけるかな」と思えましたので、今回のリニューアル開業にあたってもお願いをしました。ジャパンデンタルさんのアドバイスをいただく中で、他には相談する必要性も感じませんでしたので、実際他の誰かに相談もしていません。

 

リニューアル開業されて一年ですが、今後どのような歯科医院にしていきたいですか?

正直に言いますとこれまではただ夢中でやってきましたので、まだ「将来どのような歯科医院にしたい」というような特別な思いはありません。ただし当初自分が思っていた以上に多くの患者さんに来院していただく中で、「院内のユニットの数はこのままで良いのか?」とか「歯科医師が自分一人だけの状況で、外科的処置や在宅対応をすることで逆に来院された患者さんをお待たせしてしまったり、ご希望の時間に対応出来なくなってしまったりすること」に対しての不安はありますし、きちんと手を打っていかなければいけないとは思っています。

 

今後はジャパンデンタルにどのようなことを望みますか?

まだまだ手続き的な対応をお願いしている段階ですが、ようやく一年経ちましたので、最近お渡ししているデータなどからコンサルティング的な部分でも対応していただけると聞きました。なかなか経営面での相談相手もおりませんので、有効なコンサルティングやアドバイスをしていただければと思っています。

〒066-0034
北海道千歳市富丘2丁目18-7 ≫google map

0120-323-1365

http://www.tomioka-dc.jp/